音楽と時間


サティの”音楽は家具のように存在している”という感覚や、ロートレックが酒場で踊り子や娼婦達を描き続けた感覚、ジョン・ケージのあの感じ(言葉で私には説明できない)、共感する事があります。

そんな時、いつのまにか哲学的な事を考えていて、結局「人間」とか「時間」とか、あらゆるモノ・コトの存在に思考が巡ります。

写真は、その3人に加え、最近特に素敵な時間を過ごせた京都のチタチタ喫茶のランチと、ウディー・アレン『アニー・ホール』の好きなシーンです・・・”バスルームに蜘蛛がいるから助けて欲しい”と彼女が彼に連絡するシーンもすごく好き。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square